2019年4月、中野よもぎ塾様を見学させていただきました

2019年12月3日まなびやさん塾長の無料塾等訪問記録

2019年4月28日。
中野にある無料塾、中野よもぎ塾様を見学させていただきました。
授業は毎週日曜日18時~21時の間で、私が見学に行った時は中野区社会福祉会館内にある「スマイルなかの」という施設で活動されておりました。

講師が講師同士協力して、また生徒は生徒同士で話し合ったり、積極的に講師に質問をぶつけたり…
ホームページで大西代表が
「教える側・教えられる側という2極の立場が存在するのではなく、オトナも中学生も互いに協力しながら、全員で成長していける場。それが理想です。」
と書いておられるとおりの雰囲気だと感じました。

私は受験を控えた高校生の自己PR作文の手伝いをしました。
そこで出会った生徒に、こんな質問をされました。

(私がまなびやさんの塾長だと自己紹介をしたあと)

生徒

塾長、なんで無料塾に来てるの?自分の塾あるんでしょ?

塾長

そりゃー無料塾が好きだからだよ。

生徒

え、変な人だね。なんで?

塾長

だって無料塾ってめっちゃ楽しいじゃん?楽しくない?

生徒

分かる!めっちゃ楽しい!!

塾長

だよねー!!

こんなやり取りがあった後、「お腹空いたでしょ?」と持っていたパンをもらってしまいました笑

こんな子に出会えるから、私は無料塾が好きです。
生徒たちをこんなに素敵に笑わせてくれている、無料塾の方々が好きなのです。
今はまだ自塾の方向を試行錯誤している段階なので決まった団体に参加することは難しいですが、いつか必ず何らかの形で、教育を子どもたちの役に立てる活動をしたいと考えています。
※そのために今はいろいろな無料塾を見学して勉強させていただいたり、そこで出会ったご縁で「学生こども食堂ネットワーク」の個人会員になったりしています。

たまに「無料塾に通っていることがその子に『うちは貧乏なんだ』という劣等感を感じさせてしまう」という意見を聞くことがあります。
私は無料塾に通ったことがないので、当事者の気持ちを完全に理解することはできません。
いろいろな団体を「無料塾」と一括りにして語るのにも無理があります。

でもこの生徒と話していて感じたのは、やっぱり無料塾はただただ楽しいんです。
自分の居場所があって、いろんな大人たちと話ができる。勉強もする。
ただ楽しいから行くし、講師も教えるのが楽しいから来るのであって「貧困だから行く、教えてやる」という場所ではないのだと感じています。
(以前自身が無料塾で働いていた経験からも、そう思います)

無料塾に行くことに抵抗を感じている方がもしこのブログを読んでくださっていたら、こういう場所があるんだよ、ということを知っていただけたら幸せです。

Posted by まなびやさん